アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RE/100 GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラ制作Part7 メタリックカラー中編!

GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_脚部塗装

メタリックカラー塗装を前半後半の二回に分けて記事を書こうと思っていたのですが、
昼間晴れているのに夜になると雨!みたいな日が続いて、結局フレームメタリック1で塗装しようと考えていたパーツ群しか塗装できていません・・・

ですが、フレームメタリック1想定のパーツでも、こだわって塗り分けた(そんな大それたもんじゃないんですが)箇所があったりもするので、記事を更新することにしました。

脚前面パーツの横にはスラスターのような溝があるんでうが、REなので別パーツ化されていません。
やっぱりここは塗り分けない訳にはいきませんのでマスキングテープの出番です。
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_脚部

本来ならベース色を塗装して、細部を塗り分けてからシャドウを吹くのかな?と思うのですが、細部の塗り分け部にはシャドウを吹かないで作ってみます。メタリックカラーは明暗の差がかなり出るので、あえてシャドウ吹かなくても良いんじゃないか?と。


先日まで奮闘していたシャドウ吹きのパーツなので、万が一が無いよう入念にマスキングを施したおかげで、かなり怪我したみたいな装いになってます(笑)
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_脚部マスキング

肩のバーニア部付近。
『ここは内部っぽい感じなのに青見えちゃうのがなんだかなー』て感じがするのは私だけでしょうか?
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_説明書

というわけで、メンドクサイことはやめればいいのに(笑)マスキングして見えそうな箇所だけはフレームメタリック1で塗装してます。
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_肩部

マスキングは工程が進んでいるように見えて、塗装そのものには着手できていないのに時間だけはどんどん過ぎていくのが複雑な所ですが、こればかりは省略できないので頑張ります!
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_肩部

サーベル収納部の付け根?にも、小さいながら塗り分けるべき箇所があります。
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_サーベルラック

こちらもマスキング!
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_サーベルラックマスキング

またまた拘りたくなってしまう箇所を発見!
これはサーベルラックの収納部。これに沿うようにビームサーベルの柄を納めるんですが、ここが青っていうのがちょっと引っかかりました・・・
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_サーベルラック2

ここもフレームメタリック1で塗装しようと思います。どんどんマスキング!
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_サーベルラック2マスキング

塗装よりマスキング処理のほうが時間掛かるんですよね(笑)
やっと塗装に入れます!

スネ部のスラスターみたいな溝。かなーり良い色になりました♪
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_脚部塗装

ガンメタルよりもシルバー寄りなフレームメタリック1、引き締まった色味なのでどこに吹いてもカッコいい!
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_手塗装

メカニカルに可動しそうな感が出ます!
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_脚部フレーム塗装

足裏は、設定では青に所々グレーが入る感じですが、私はいつもメタリック系で全部塗って、スミ入れを施したりバーニア部をちょっと塗り分ける程度にして、機体色は入れません。
もし兵器として運用されたら、足裏にわざわざコスト掛かるようなカラーを塗装しないでしょ?!っていう勝手な見解です(笑)
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_足裏塗装

関節部。
可動部の組み合わせ(凹に対する凸的な部分)は、スターブライトジュラルミンで塗装しているので、PGユニコーンの時のようにキラッとシルバーがチラ見えする関節部になる予定です。
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_色々塗装

肩のこだわり部。中央部分の色付いていない箇所は、腕をハメれば見えなくなる・・・はずです(笑)
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_肩部塗装

サーベルラック部。
側面はホワイトの外装に覆われる為、隠れてしまう箇所です。ですので見える箇所だけ吹きました。
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_サーベルラック塗装

全然関係ない話
塗装時にはエンボス手袋(使い捨ての薄いビニール手袋)を利用しているのですが、手袋を外す際、汗によって内側が皮膚にくっ付いていると、裏返ってしまいます。
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_エンボス

それを忘れてて、再度エンボス手袋を装着すると、写真のような悲劇がおきます(笑)
やはり枚数の多い安物よりも、枚数が少なく蒸れも少ない物を使用した方が良いなぁ~と思いました。
GP04_内部フレーム等_フレームメタリック1_手に塗料が付いた

あとはガンメタルで塗装する箇所と、各所にチラ見えシルバーを散りばめたいと思っているんですが、
雨のせいで作業ができない!!
そうこうしているうちに、また一体届いてしまいました・・・(笑)
今晩こそは作業したいものです!!
関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

- 2 Comments

あつやん  

No title

フレームメタリックは重宝しますよね。私がPGユニコーンに塗装したいと思った要因がフレームメタリックに惹かれてだったりします。

マスキングは簡単に見えてかなり時間かかるんですよね…今日こそ塗装するぞと意気込んでもマスキングだけで精魂尽き果てる事もw

手袋は私の場合だと安値の100枚入りとかで脱いだ物は毎回捨てていくようにしています。

しかし見れば見るほどGP04はガンプラ製作のお手本的なキットですね。普通に組んでも良し、塗り分けしてみるのも難しく無い、MGと違いシンプル&HGより大きいので改造しやすい。REシリーズは今後増えてもらいたいシリーズですね!

2015/06/10 (Wed) 21:40 | EDIT | REPLY |   

タカチィ・ライデン  

あつやんさんへ Re: No title

いつもコメントありがとうございます!

ガイアノーツからは魅力的な色が(特にバーチャロンカラー)発売されるので、これからも『痒い所に手が届く』ような便利なカラーをどんどん販売してもらいたいですね♪

> 今日こそ塗装するぞと意気込んでもマスキングだけで精魂尽き果てる事もw
これもまた共感できて、読みながらニヤリとしてしまいましたw

> 手袋は私の場合だと安値の100枚入りとかで脱いだ物は毎回捨てていくようにしています。
そーなんですよね。捨てちゃえばいいんですよね~
私も日が変わればだいたい新しい物に替えるんですが、当日中で同じ色を吹いている場合はついつい一旦外した手袋をもう一度使ったりしちゃって。

なぜあの日に限って裏表を間違ったのか不思議なんですが、久々に『小学生の頃に経験した筆塗装後の手』を思い出しました(笑)


> REシリーズは今後増えてもらいたいシリーズですね!
ナイチンゲールの時も思いましたが、本当にいわゆる少年時代のプラモデル像なんですよ。
手をかけた分だけ見栄えが良くなる。手を抜けばそこは一目で判る。
だからこそ塗装したくなる!
自分なりのこだわりを表現して見たくなる!
プラモデルが好きであれば好きであるほどREシリーズは受け入れられると思うんですよね♪

2015/06/11 (Thu) 00:25 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。