アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RE/100 GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラ制作Part5 シャドウ吹き妥協編!

RE100_GP04_シャドウ吹き白パーツ_プロペラントタンク

ここのところモチベーションが上がっていなかったGP04塗装ですが、他の事に目を向けて、数日間あえてガンプラ(あと転がってるシャドウ吹いたパーツw)とはあまり向き合わないことで、やっとモチベーションが回復してまいりました(笑)

というわけで、昨晩なんとか一通りホワイトパーツに吹き終わりました。
吹き終わったといっても結局は『妥協』のもとに塗装し終えたという感じなんですが、
しかしながらこの『妥協』という物が私にとってはこれまでもモチベーションを保つのに必要な要素だったようです。

作業のポイントは、『ミスが出にくいように、難しい所は避けて、必要な所に多少なりとも影が付けばもうOK』といったくらい、かなりラフな気持ちで臨んだことです。
ミスるとガクーンとやる気が出なくなるので(笑)
膝関節部。
写真だと実際の影と混ざって判別しづらいかもしれませんが、組み立てた時に奥になる部分(広い方)と、手前になる部分(狭い方)のフチに沿って吹きました。
RE100_GP04_シャドウ吹き白パーツ_終わり1

これまたやっぱり写真のせいでほとんど色が付いていないように見えますが、上のようなパーツの小さい物です。
このパーツの置き方、何かの兵器みたいですね(笑)
RE100_GP04_シャドウ吹き白パーツ_終わり2

これまた実際には濃すぎるかな?くらいなのに、写真だとかなり薄く写ってしまったのですが、足首カバー。
これにも同じく円形部分があります。
このパーツを吹くあたりになって『シャドウって陰なんだから、実際に影になりそうな所を強調するくらいで吹くのでも良いんだよなぁ』と考え出します。
そいうえばエアブラシの本に同じようなことが書いてあったのを思い出します。
RE100_GP04_シャドウ吹き白パーツ_終わり_足首カバー

という訳で、すごく塗装しづらそうな頭部パーツだったこともあり、ここからはラインやエッジに沿うというよりも、純粋に影を
意識することにしました。

この後頭部のパーツは襟足付近に重きを置いて吹きました。
普通に考えれば、その周辺は影ができるであろうと想像できる為です。
RE100_GP04_シャドウ吹き白パーツ_後頭部

トサカも、『エッジがあるから吹く!』っていうよりも、組み立てた時奥まったところになりそうなトサカの設置付近に重きを置きました。
RE100_GP04_シャドウ吹き白パーツ_トサカ

アンテナも、V字の両端の下斜めと、Vの中心の下辺りに吹きました。
RE100_GP04_シャドウ吹き白パーツ_アンテナ
小さいパーツでも全く吹かないとなると、やはり不自然になってしまうので、基本的にはどんなパーツにも吹きました。

前回ラインに沿って吹いて大失敗したプロペラントタンク。
ラインに沿うのは想像以上に難しかったので、それはもう潔く諦めました(笑)
頭部パーツのように、『実際に組み立てた時に影が出来そうな方向に吹いておこう』という感じで、かなり大ざっぱに吹きました。
RE100_GP04_シャドウ吹き白パーツ_プロペラントタンク
上の写真の手前のプロペラントタンク、左から光が当たっているような感じに見えていると思うのですが、実際には左は唯の壁です。
これは三本のうち、下に位置するタンクです。ですので今右側の箇所は実際には下向きになる部分なんです。
なので組み立てた後下に位置する側だけ(あとはスラスターの隙間)に吹きました。

PGユニコーンなんか、ランナーごと吹いたり妥協なんてもんじゃなかったのに、
なぜか今回は「もっと良く!もっと上手く!」と気を張ってしまったのが災いして作業が全然進みませんでした・・・

しかし、昨晩の作業では『っえ?!もうAM3:30?!』といった感じで、久々に没頭していたんだなぁと思いました。
「妥協」と言えば悪く聞こえますが、「自分なりに頑張ってみた」ということで十分なんですよね。趣味なんですもん。
これで鬼門は超えました!!(笑)
今は早くフレームやバーニアなど残りの塗装がしたくて仕方ありません!!
関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

- 2 Comments

あつやん  

No title

「妥協」は生きていく上では重要ですよw
もっと上手に作りたいという気持ちはもちろんわかりますけど、それって上限無いですものね♪
何より一番大切なのは「楽しんで」作る事ですよね。趣味なのに義務感や焦りでやってたら何の為か分からなくなりますからね!

………PGユニコーンを放置している言い訳じゃありませんよ………(汗)
シールドの塗り分け用にスジ彫りに挑戦してみようかなと検討中だったりします。


何で色々な初挑戦な事をPGなんかでやってるんだろうと今更ながらに思えてきましたよw

2015/06/01 (Mon) 22:21 | EDIT | REPLY |   

タカチィ・ライデン  

あつやんさんへ Re: No title

いつもコメントありがとうございます。

> 何より一番大切なのは「楽しんで」作る事ですよね。趣味なのに義務感や焦りでやってたら何の為か分からなくなりますからね!

ほんとにコレでした、、、
やっぱり楽しむ為にやってるんですもんね。
それを忘れちゃいけませんよね!


> シールドの塗り分け用にスジ彫りに挑戦してみようかなと検討中だったりします。

『なんでこのキットで挑戦してるんだろー』っていうの共感できて、面白いです(笑)

しかし、スジ彫りは左右対称に彫るのが凄く難しそうですよねー
しかもとっておきのキット、『PGユニコーン』!
逆に考えれば1/144とかよりも圧倒的にパーツ大きいので作業しやすそうとも思えたり?
また今後の経過をぜひ教えて下さい♪

2015/06/02 (Tue) 19:13 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。