アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RE/100 GP04G ガンダム試作4号機 ガーベラ制作Part3 まさかのシャドウ吹き編!激ムズ!

RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_並べてみたらいい感じ

仮組の記事から日が開いてしまいました。
えぇ悩んでいたんです。塗装に。

関節類の配色考えて、塗装して、墨入れして、トップコートかけて・・・うーんいつも通りだなぁ
何か新しいことに挑戦したい・・・

そこで、よりにもよって待望のGP04でエアブラシを活かした塗装方法・・・
シャドウ吹きの練習なんかを始めてしまった訳です・・・

工程が進むにつれて段々と、ちょっとだけマシになっていく、つたない塗装過程をご覧ください・・・
む、難しすぎます・・・・

シャドウ吹きってのは、ホビージャパンとかの作例で良く見るエッジの部分等に基本のカラーよりもトーンを落とした色を吹いて立体感を出す的な奴です。

手持ちのプラモ系参考書によると、『エッジに基本色より暗い色を吹く』方法が従来の方法だったけど『全体を基本色よりも濃く塗装してから明るい色を吹いていく』方法が最近の主流になってきたみたいなことが書いてあります。

今回は前者で行いました。
理由は簡単。
失敗するような最悪の時には全部洗い流そうと考えているため、時間と使用する塗料は少ない方が良い(心のダメージが軽減される(笑))かなぁと思った次第です。
というわけで、順序は絶対逆だと思うのですが、スミ入れも何もしない、ランナーから切り離した直後の状態でシャドウ吹きの練習です。

で、またまた塗料ビンが増えました!
ガイアカラーのクリアーブラックです。
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_クリアーブラック
ちゃんとシャドウ用の色を調色する方もいるようですが、クリアーブラックの吹付具合でいろいろな色のシャドウとして利用している方も多いようで、これは便利かも!と思い購入。

最初『シャドウは薄い』イメージがあったので希釈も薄くしたんですが、そもそもクリアー塗料な為、テストしたランナーにはうーーーーーっすらと色が付く程度で薄すぎました。
結局普通の塗料を希釈するより気持ち薄いくらいの濃さにしてみました。(私の希釈はいつもアバウトです(笑))
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_希釈度合いが難しい

で、なんとなく足のパーツを吹いてみるも・・・めちゃめちゃ難しい!!!!
左が吹いた後、右は吹く前です。
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_足比較

子供の頃から現在までのプラモ歴の中で、筆でもエアブラシでも塗装面へ均一に塗布する事を当たり前として練習してきた訳です。
ですがエッジに霞めるように、しかも色は付きすぎないように塗装みたいな、今までの練習と真逆みたいな事をやっているので、積んだ経験があんまり活かされない!一から修行しなければなりません・・・

そもそも細吹きなんて技術を習得していないのに、練習に本番の機体を使ってしまうのが私の悪いクセです。
まぁなんとなくシャドウっぽく色は付いているのですが、汚い・・・・
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_足比較2

カメラをちょっと明るい設定にし過ぎたので、普通に撮影。
これウェザリングじゃなくてシャドウのつもりで吹いてますからね(笑)
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_足比較_暗

そもそも圧の調整が難しくてあんまり細く吹けていない気がします。
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_かかと比較

これはふくらはぎのパーツ。
本来なら作業を中断して、練習MSで鍛錬するべきなのに、塗装作業自体は楽しいので「次もやってみよう!」みたいな感じで他のパーツも進めます。
この練習は本番でもあるということを忘れかけています(笑)
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_ふくらはぎ比較

調子に乗るとやらかすのも悪い癖です。
肩のパーツですが、今度はちょっと濃くなりすぎた気がします。
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_肩比較

圧を調整しつつ、試行錯誤でほんの少しだけコツが判ってきた、胸周辺のパーツも吹きました。
並べてみると、ちょっとだけ雰囲気が出ている感じがします。
それにしても肩のパーツ、酷いですね(笑)
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_並べてみたらいい感じ

工程としては後半だったので、この胸周辺パーツだけは、初回としてはなんとなーく上手く行ったかなぁと思えるギリギリのラインです。
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_胸周辺も良い感じ

ちょっと角度を変えて。
やっぱり色が濃く付いているところとそうでないところがあると、目立ちます。
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_やっぱり難しい・・・

これを簡単に塗装できる方、凄いです!
やってみて思ったのは「一吹きで色が付かないのは当たり前の事」という点でしょうか。
この吹付加減で濃淡が変わるのが、もうとんでもなく難しい・・・・

もしかしたら私はクリアーブラックを使用しないで、基本色より濃い色を調色してシャドウを吹いていく方が向いているかもしれません。

一番最後に吹いたシールドのパーツ。
形状が平らなので圧倒的に吹きやすかったのですが、やっぱりムラが気になっちゃいます。
このムラを均そうと、薄い所を吹き直すしたりすると『うわ、ちょっと濃くなっちゃった』って感じで吹き過ぎちゃったりします。
エアブラシを使って「思ったよりも綺麗に塗装できるんだなぁ♪(自分に甘い)」て思っていましたが、初めて仕上がりに自己満足できない場面がやってまいりました。
RE100_GP04G_ガーベラ_シャドウ吹きの練習_シールドは吹きやすい
また、今回はブルーという基本色が濃い色で挑戦しましたが、外装の白パーツとなるとまたミスがより目立ちそうで怖いです・・・

もっと上手く吹けるようになりたい・・・・
吹いているキットがGP04だって忘れるくらい奮闘した、初めてのシャドウ吹きでした。



関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

- 4 Comments

Hom  

No title

まってましたー!!だいぶ待ちましたよ!

シャドウ吹きとはまた新しいチャレンジですね(*^^*)
僕もちょくちょく家具をスプレーで塗り替えるんですけど最初の一拭きはめっちゃシャドウ吹きの雰囲気とにてますね!
いい具合に装甲の材質感がでてますね

2015/05/12 (Tue) 19:22 | REPLY |   

あつやん  

No title

>塗装作業自体は楽しいので「次もやってみよう!」みたいな感じで他のパーツも進めます。
分かります。とても良く分かりますw
私も少々あれっ?と思っても塗装が楽しくて次々塗っていって最終的にこれはこれで良い物だ…とユニコーン制作時に何度思った事かと。

シャドウを吹いた後では質感がかなり違いますね。単色で塗って綺麗に仕上げるのとは違う魅力です!
白いパーツにシャドウは失敗したら目立ちそうで中々怖そうですね。
でも白い部分にこそシャドウは映えるんですよね。
よくある作例とかでプロペラントタンクのスジ部分とかにあると格好良いですものね。


…FAユニコーンのペットボトルより大きいタンク…見なかった事にしよう…

2015/05/12 (Tue) 20:36 | EDIT | REPLY |   

タカチィ・ライデン  

Homさんへ

コメントありがとうございます!
嬉しいです&作業進捗いつも遅くてすみません^^;

> 僕もちょくちょく家具をスプレーで塗り替えるんですけど最初の一拭きはめっちゃシャドウ吹きの雰囲気とにてますね!
それでは、是非ともそのスプレーで塗装したガンプラを拝見したいところです・・・無茶か(笑)

> いい具合に装甲の材質感がでてますね
無塗装状態から比較すれば「っぽく」なってるんですが、どうにも難しくて・・・
もっともっと技術を磨きたいとおもいます!

2015/05/13 (Wed) 15:21 | REPLY |   

タカチィ・ライデン  

あつやんさんへ

コメントありがとうございます!

>次々塗っていって最終的にこれはこれで良い物だ…とユニコーン制作時に何度思った事かと。
なんだか色々共感できて面白いですね!
「これはこれで良い物だ」はかなり日常茶飯事な感じです(笑)

> シャドウを吹いた後では質感がかなり違いますね。単色で塗って綺麗に仕上げるのとは違う魅力です!
成型色に吹いただけでもかなり印象が変わるので、トップコートを吹けばもっと馴染みそうです。
プロや玄人モデラーさんの作品を見ちゃっているので、比較しちゃうと当然納得の出来とはいかないですね…

> よくある作例とかでプロペラントタンクのスジ部分とかにあると格好良いですものね。
解ります!しかしGP04のプロペラントタンク、長いんですよ~とっても!
そのスジに真っ直ぐシャドウ・・・・うすめ液の準備は万全です!(失敗する気満々w)

> …FAユニコーンのペットボトルより大きいタンク…見なかった事にしよう…
ペットボトルより大きいって?!!それがよりにもよって水平方向に付くんですもんね!
PGのデカさは伊達じゃない!!(笑)

2015/05/13 (Wed) 15:44 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。