アクセスランキング

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG 1/144 G-アルケイン制作 Part 2 トパーズゴールドでオレンジ塗装編 クリスタルカラーは便利です!

久々のガンプラ制作のターゲットとして、前回仮組をはじめたG-アルケイン。
結局あとでバラすのがめんどくさいので、塗装を始めました(笑)
まずはオレンジ色、G-アルケインのメインとなるカラーから塗装を始めました。

塗装と言っても、PGユニコーンで大活躍してくれたMr.クリスタルカラーを成型色の上から吹いて、
『あまり手間を掛けずに無塗装よりも見栄えを良くする』というコンセプトはいつも通りです。

扱いがちょーっと難しいかなぁと感じていたMr.クリスタルカラーですが、
塗装に慣れてきたのか、良い感じの見た目になってくれるようになりました!!

G-アルケイン_オレンジ塗装_トパーズゴールド


希釈溶剤ですが、メタリックやパールにはガイアカラーのメタリックマスターを使用していたのですが、
PGユニコーンのホワイトにMr.クリスタルカラーのムーンストーンパールを吹いてみようと希釈してみると、
なんだか上手く撹拌されない・・・?
それでもメタリックマスターをMr.カラーの希釈溶剤に使っている人もいるようなので気にせず試し吹きしたのですが、結局仕上がりがしっくりこなくて、その時はクリスタルカラーは使用しないことにしました。

というわけで、Mr.クリスタルカラーにはメタリックマスターを使用しないことにしようと決めた訳です。
やっぱりメーカーが推奨する希釈溶剤が一番!(ユニコーンのダークブルー部にアメジストパープルを吹いたときの記事へ飛びます。)

反省を活かして、今回も当然Mr.カラーのレべリング薄め液を使うと思いきや・・・
ボトルの使い勝手の良さから購入してしまったガイアカラーのブラシマスター(ほぼ新品状態)があるため、これを使えたらいいのになぁ~と思いました。
ニオイを嗅いでみると、Mr.カラーのレベリングうすめ液にかなり似ています!
普通のうすめ液のニオイは小学生の頃からプラモ制作の際に経験しているので鼻が慣れちゃっているのですが、レベリングうすめ液のニオイは、なんか一癖ある独特なニオイで苦手です(笑)
どちらもリターダー入りのエアブラシに適した希釈溶剤なので似たような物だとは思うのですが・・・

G-アルケイン_オレンジ塗装_エアブラシ用の希釈溶剤

で、希釈してみると、メタリックマスターのときのようにカスみたいなものは出ず、ちゃんと撹拌されたようです。
(今思えばカスが出たときの写真撮っておけばよかったな~)

久々のエアブラシ塗装、やっぱり楽しいですねぇ~♪
相変わらずパールな感じが伝わりにくいと思いますが、いい具合にテカってくれました!
クリスタルカラー(というかパールコート塗料)の私的な最大の利点は下地の色が活かせることですね。
成型色に吹くだけでもガラリと印象が変わってくれるので本当に便利です。
G-アルケイン_オレンジ塗装_トパーズゴールド_脚部

写真だとテッカテカに見えるかもしれませんが、基本的に2コート用の塗料なので、実際にはもう少し半つやみたいな状態です。
PGユニコーンの時はパールというよりも重い金属っぽさを狙って、あえてトップコートを吹きませんでしたが、今回はテッカテカのまさにパール!という感じに仕上げたいので、最終的にはクリアを吹く予定です。
G-アルケイン_オレンジ塗装_トパーズゴールド_ランナーごと1

胸部パーツ。
これもまた効果が判りにくい写真で申し訳ないのですが、中央の光が当たっている部分にパール感が見えるかと思います。
G-アルケイン_オレンジ塗装_トパーズゴールド_胸部

頭部パーツ。エッジの部分などがキラッとしてます。
オレンジ一色!って感じでつまらないので、ツインテールみたいなパーツは別の色で塗り分けるかもしれません。
G-アルケイン_オレンジ塗装_トパーズゴールド_頭部

次回はレッド部、グレー部を塗装してみるつもりです。
モチベーションが上がっているのに、今晩の天気予報は雨・・・・
暖房付けて湿度下げて塗装できないもんでしょうかね~

 

関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。